ごうティナのブログ

DOAやスポーツに関する話題

ラミレス監督の奇策、新たな流れ

こんばんは。

突然ですが自分はスポーツにおける"流れ"を信じる「流れ論者」です。今日の横浜-中日戦は、ケガ人続出の逆風吹く中で見せた、新たな流れになるかもしれないと試合前に直感しました。こういう予感はオカルトチックで、そう感じた理由は20年野球を見続けてきた経験から来る勘でしかないのですが…

ここまで、横浜の追い上げ以上に広島がすさまじい勢いですが、昨日までの3連戦を1勝できただけでも御の字でした。しかし伊藤光の離脱に続き宮崎のシーズンアウト。これでもかと試練が訪れる状況が続いた中で、今日はスタメンで度肝を抜かれることになりました。

 

2番サード筒香

 

もう何年も内野をやってない筒香をサードで使う考えは、自分の中に全くなかったのですが、その発想はとても素晴らしいと感じました。

 

宮崎離脱直後にサードのスタメンを任された柴田は明らかに打力不足であること。

横浜の選手構成は最も外野が厚い事(筒香をサードに回しても外野は問題ない)。

横浜の外野手で曲がりなりにもサードが務まりそうなのが経験者の筒香

 

と条件は揃っていましたが、ここまで思い切った策は頭にありませんでした。勿論博打に違いないですが、緊急事態なので攻守どちらかに目を瞑るのは仕方ありません。ラミレス監督はこの試合で攻撃を優先しました。

試合は先発の平良が初回からこれでもかとヒットを浴びる展開。しかし、流れを感じざるをえなかったのは、初回の1塁ライナーゲッツーと満塁の場面でのロペスのファインプレー。この2つの打球が少しでもズレていれば…おそらく今日は大敗していたでしょう。おかげで平良は悪いなりに5回3失点でまとめて降板します。

そして5回裏に嶺井が死球で出た直後に、一軍に昇格したばかりのルーキー伊藤裕季也(ゆきや)がプロ初ヒット、大和も出塁し無死満塁。1番神里が内野安打で同点とすると、2番筒香がこの日2本目、そして試合の趨勢を決める満塁弾を放ちました。その後もタイムリーを放った筒香は打点7と大暴れ。

 

思うに、プロ野球は惰性との戦いもあるように思います。毎日のように試合があり、特にレギュラーは決まった守備位置に決まった打順。今回の変化は新たな刺激にもなりうるのではないかと。勿論宮崎がいてくれればこんなスタメンにする必要はありませんが、起きてしまったことは受け入れるしかない。正直、スタメン発表で良い意味で度肝を抜かれたのは記憶にない。それくらい良い作戦だと自分は試合前に感じてました。そして実際に試合でこれでもかと流れが向いた。

この試合は、シーズンのターニングポイントになるような気がします。一昨年、首位広島3連戦で3試合連続サヨナラ勝ちをした時のように。そしてこれだけ流れが向いた中でしっかり勝ち切れたのも良かった。後続の国吉と飯塚が失点しましたが、今日に関して言えば勝てばいい。

 

まだまだ8月の前半。そしてケガ人だらけで苦しい状況には違いありません。伊藤はともかく宮崎はもう帰ってこないと報じられており、パットンは冷蔵庫相手に殴り掛かり自爆。ですがこの流れを手放さず、最後まで突っ走ってほしい。98年に優勝したシーズン以来、最も優勝に近いシーズン。20年来のファンとしてもう少し、夢を見たいと願っています。

久々に更新。横浜、貯金4

こんばんは。

DOA6にクーラと舞が追加された日に、フレンドとクーラを少し調べただけで色々気持ちが切れてしまい、それ以来6は1回しかやってません。ティナ関連の記事はあらかた書いたつもりなので、更新は暫く無しです。楽しみにしてた方が万が一いらっしゃれば、申し訳ないです。


横浜の話題。

大型連敗→借金完済→5割前後うろうろ→貯金4

と、シーズン序盤から中盤にかけてのもたつきを取り戻す勢いで現在勝利を重ねています。首位巨人に4.5G差に詰め寄り、ほんの少しだけ優勝の可能性も出てきました。ラミレス監督ももしかしたら今年限りと言う事もあり、総決算に何が何でも優勝しようとの意思を感じます。


ここまでの追い上げの主要因は投手陣の踏ん張り、ブルペン陣に尽きます。特に三嶋、エスコバー、山崎の3人は連日登板しており、既に来季が心配です。チームが勝っているのが救いですが…


ラミレス監督退任の際に書こうと思っていますが、20年前の権藤さん以来最も好成績を残しているラミレス監督が、21世紀における横浜のベスト監督である事は疑いようがありません。

しかし、見逃せない部分としてブルペン陣の誰かが毎年潰れてしまった。これも事実です。タナケン、須田、砂田と潰れ、中畑政権以来投げ続けた三上も今年とうとう投げられなくなった。生き残りはクローザーの山崎だけで、彼もいつ故障してもおかしくないと思ってます。


今年から満を持して投手コーチに就任し、将来の監督候補と目されている三浦も、この流れを変えられず。監督の権限が強すぎるのか、三浦がブルペン疲労を軽視してるのかわかりませんが、個人的には既に現時点で三浦の指導者適正、管理者適正に疑問符を付けたい。コーチ兼選手時代から何をしているのかよくわかりませんでしたし。

「名選手、名監督にあらず」とは全ての世界で言えること。日本の野球の「人事」はアメリカ野球に対して50年くらい遅れてるので仕方ない事なんでしょうけど、いい加減管理者の適正と選手の適正は別、ということにいつ日本の野球界は気付くんでしょうかね。

近くは高橋、金本が叩かれながらチームを去りました。どんなに素晴らしい現役成績でも監督になったら別。本人にもチームにもファンにもマイナスなだけ。


今年は数字の上ではまだ優勝の可能性は残しています。しかし、近い将来ラミレスの次に来る監督には、我慢強く投手を使うことを望みます。

それで1年くらいダメな年があってもいいでしょう。2002年以来たったの3回3位になったのが最高成績で、基本負け犬チームなんだから。近年ファンになった人は、夢を見過ぎて過度な期待を寄せ過ぎている。


とにかく、今いる選手たちが来年もパフォーマンスを発揮できる事を自分は祈ってます。CSというダメな制度があるので、優勝しなくても日本シリーズに行けますし。本当は、三浦には身を呈して投手を守って欲しかったんですけどね…

横浜、交流戦勝ち越し

こんにちは。


毎年交流戦はシーズンの行方を左右していますが、交流戦の度にパリーグに星を吸われていた横浜。今年は絶不調から立ち直りかけていた時期だったからか、貯金3と当社比で見ると大成功と言える結果に終わりました。

セリーグだけで交流戦成績を比較すると、巨人が交流戦1位で横浜が2位。巨人は貯金4で、横浜は引き分け1つ分だけ及ばず。その他は全て借金です。その分だけ、シーズン成績で上位3チームに迫るところまで来ました。首位巨人から4位横浜まで、5.5G以内です。


交流戦で勝ち越せた要因は、投手と打線の噛み合わせが良かったのが大きいです。総得点72、総失点70と、得失点だけ見ればほぼ五分。勝つときは僅差で、負けるときはすっぱりと言った感じで、効率の良い試合ができました。例えば西武は得点99に失点79と、+20もの差がありながら交流戦貯金2と考えると、横浜の効率の良さが伺えます。


開幕前に他球団からも脅威とされた野手4人は、

筒香はイマイチ打球が上がらずHRが伸び悩み

宮崎はまだまだ打率が上がらず

ソトはHRか凡退かの極端な打撃

ロペスは全体的に衰えが見られる

と言った具合で、決してどの打者も本調子ではありません。しかし、一番にすっかり定着した神里や、交流戦で2回もサヨナラタイムリーを放った大和、ようやくラミレスから信頼を得つつある伊藤に、メキシコ武者修行の成果を見せる乙坂など、他の選手が良い活躍を見せてくれた。これも交流戦では大きかったかなと。


これからまたセリーグでの対戦に戻りますが、4人の主力の復調、そして投手陣の上手い温存で夏を乗り切って欲しいですね。

NBAラプターズ優勝

こんばんは。

NBAファイナル、トロントラプターズ(以下TOR)が4-2で初優勝しましたね。ゴールデンステイトウォリアーズは3連覇をかけて臨んだファイナルでしたが、主力のデュラント、トンプソンが怪我に見舞われ、来季にも影響が出そうで心配です。


今回のTORの初優勝について、アメスポにおける「編成の変化を恐れない」事について話をします。


ファイナルのMVPは、TORのカワイ・レナード。レナードはリーグのベストディフェンダーかつ、エースに求められる得点力も備えたリーグの五指に入る選手と言えます。

彼は昨年別のチームにいましたが、今季終了後にFAになる為、そしてチームと不仲になった為、昨季終了時にトレードでTORに出されました。元のチームからしたら、FAで1年後に残留する見込みの無い選手に見返りなく移籍されるより、トレードで見返りを得たい。そして、そのトレードに応じたのがTORと言うわけでした。

ここで驚くべきトレード相手が、TOR生え抜きエースのデローザンが選ばれた事です。デローザンほどの選手を出さないとトレードに応じてくれないという理由もありました。しかし、デローザンはプレーオフに出場できなかった頃からTORと共に成長してきたチームの顔。ここ数年は毎年東の上位に位置するチームのエースとして、レギュラーシーズンでコンスタントに活躍していました。

しかし、チームは大きな変化を求めた。

それは、毎年プレーオフでブレーキが掛かってしまう勝負弱いデローザンに代わり、チームを新たな舞台=初のファイナルに導いてくれる選手として、今季終了後にFAになるリスクを承知でレナードとトレードしたのです。

ファイナルで優勝しましたが、FAになるレナードが今オフで移籍する可能性は充分考えられます。明日からは恐らく「レナードは残留するのか、移籍するのか」で大きく話題になるかと思います。

それでも、仮に1年しかいなかったとしても、生え抜きエースをトレードしてまでレナードを獲得し優勝に漕ぎ着けたフロントの決断は恐れ入ります。


NBAには30もチームがあり、全てのチームが毎年優勝を狙えるわけではありません。チーム状況によって再建、育成、勝負と、それぞれ年によって変わります。彼らは数年単位で物事を考え、チームを作ります。TORはここ数年勝負の年でしたが、主力が状況を打開できず行き詰まっていた。そこで主力に大きなテコ入れを行い、初の優勝を掴みました。

また、デローザン入団と近い時期にヘッドコーチ(監督、以下HC)になり、同じくTORを強豪に成長させたケイシーも、去年限りでチームを去りました。そして新たなHCとして据えたのはニック・ナース。

アシスタントコーチとして長年TORに在籍していましたが、HC未経験の人物をHCに就任させました。これもまた、変化を恐れず新たなチャレンジに賭けたポイントでした。


変化は必ずしも良い結果に繋がるとは限らない。それは当然なのですが、数年間殻を破れず行き詰まっていたチームを大きく変化させ、1年で優勝に輝いたTORは、フロント以下素晴らしい「チーム」だったと言えます。

来季をディフェンディングチャンピオンとして臨むTORが、どういった形でシーズンを迎えるか今はわかりません。全てはレナードの決断次第になります。しかし今季のこの優勝は、カナダのチームに初めてNBA優勝をもたらした大きな意義あるもの。トロントの人々の喜びようを見てそう実感しました。

ティナ解説(ホールド編)

こんばんは。

今回はティナのホールド編です。確定でコンボに行けるホールドが存在せず、投げと同じく単発ダメージ重視。全体的にダメージは高め。目を引くのはダメージ&有利を取れる中段KEX。これは出したい時に出せるようにしたい技です。

前回はこちら(https://gou-1031.hatenablog.jp/entry/2019/06/04/211438)


上段P

下段P

下段K

基礎ダメージ60

いずれもこれと言った特徴の無いホールド。逆に言うとホールドからコンボが要らないので初心者にも扱いやすいと言える。壁などにはぶつけられないが、基礎ダメージは他キャラと比べて高め。


中段P

基礎ダメージ60。ダメージは上記のホールドと同じだが、自分が壁を背負っている時に相手を壁にぶつけられる点が嬉しい。

6Tや41236Tと同じく、プテラノドンのような大きな(壊れない?)壁扱いのデンジャーは発動させられるが、木箱や爆発樽など、小さく壊れるものは発動できない(壊す事はできる)。基本的にぶつけられたらラッキー程度に考えておこう。


上段K

中段K

基礎ダメージ50+20

2Tと同じく抜けられる可能性のあるホールド。中段Kに関してはできるだけEXホールドを使いたい。

上段Kは個人的に5から6への移行で単発に変更して欲しかったが…上段Pホールドと同じ入力だが、上段Kだった場合は忘れずに追加入力を行おう。

抜けられた場合はどうやら±0Fの模様。


上段EXP

基礎ダメージ72。67H入力。モーションやダメージは44Tと同じ。上段Kは取らないので、どうしても汎用性で通常の上段ホールドに劣る。派生先が上段Pのみの連携や、ハヤブサの8Pといった上段P浮かせに使いたいのだが、前者は知識と反応、後者は上段浮かせはKが多い点で中々使いづらい。

44Tと同じく、追加入力でダメージが入る。追加入力無しだと11F有利で相手を背向けにするのみ。基本的にティナは確定するダメージを大事にすべきと考えているので、自分はダブルアップに考えを巡らせていない。悪しからず。


中段EXK

基礎ダメージ60。46H入力。ティナのホールドの最大の強みとなる技。

技後は3Kが届くくらいの距離で+10F、相手を背向けにする。

この手の有利を取る投げやホールドの中では、確定するダメージが通常のホールドと遜色無いのが大きな利点。つまりホールドできた時点で既に十分なダメージを得られている。

成功後の読み合いは、

バックダッシュする相手や、一部除く大半の打撃暴れには6H+K→2Tが確定

振り向きガードには46Pをガードさせて近距離から再度ティナ有利の読み合い

同じく振り向きガードには63214Tで背向けの相手に85!ダメージ

などがわかりやすい候補だろう。特に6H+Kをガードしても投げ確できない相手には、バンバンこれを使っていって構わない。バックダッシュには6H+Kしか確定しないので、まずは6H+Kを使っていって相手のティナ知識を測ろう。これをガードされて投げ確されてからが読み合いの始まりと言える。

他にもOHを狙ってみたり、3Kを振ってみたり、色々選択肢があると思う。相手の行動をよく見て、次にこのホールドを成功させた時の読み合いの材料にしよう。

火力と有利を両立する稀有な技で、ティナのホールドで最も強いのは間違いない。慣れないうちは難しいが、極力中段KはEXホールドを出すよう練習したい。


ジャンプKH

基礎ダメージ65。上段は7H、中段Kは46Hと6Hどちらでも、相手の打撃がジャンプKであれば発動する。

前者はあやね66KK、後者はティナ8Kなど。ホールド成功時のモーションやダメージは同じだが、入力はちゃんと上中合わせないとホールドできない。

空41236Tと同じようなジャイアントスイングで、位置を入れ替えつつそこそこ遠くに吹っ飛ばす。壁などを背負っていればダメージアップが見込める。


ジャンプPH

基礎ダメージ65。Kと同じく、上段と中段どちらも成功時は同じモーションだが、相手の打撃に応じて入力は変わる。

ほぼほぼ中段Pと同じようなモーションと仕様。壁を背負っていれば追加ダメージが入るし、木箱や爆発樽はぶつけられるが壊すだけで尻餅にはならない。

またこの手のジャンプホールドに言えるのが、ジャンプしているからと言って全ての技が必ずしもジャンプホールドにはならない点。

具体例を挙げると、ティナ4Kは通常の中Kとしてホールド処理される。この辺の理由はよくわからない。が、入力には差が無いので大きく気にするほどではないか。


ティナのホールドのまとめとして、

・基礎ダメージは高め

・投げと同じく、コンボに行けるホールドは無い(=BBなどで火力を伸ばせない)

・中段KはEXをしっかり出す

・固有ホールドは無い

・上段K(と中段k)は追加入力が存在するので忘れずに

ティナに限った話では無いが、このゲームの仕様として被Cr中のホールドは

「硬直が伸びる」「ホールド部分のダメージが1/5減少」する。

前者はHCH投げが通りやすくなるリスク、後者はティナのように、ホールドからコンボに行けないキャラがモロに影響を受ける。よって被Cr中のホールドは常に反省し、使いすぎてないか、使い方が適正か対戦後に振りかえろう。

ハッキリ言って勘違いしてる人も多いのだが、Crを取られたらホールドで切り返さないと勝てない、というような具合でCrを貰ってからホールドを闇雲に振る人が多すぎる。Cr中のホールドはあくまで、きっちり浮かせてからコンボをしっかり決めてくる人に使うもの。

相手が浮かせ技を使わず、コンボが曖昧であればわざわざホールドを使ってHCH投げのチャンスを与える必要は全く無い。

また被Cr中はホールド部のみダメージ減少を受けると言うのは、逆に言うとあやねのように中段Pや中段KのEXからコンボに行けるキャラは、コンボ部分はダメージが減らないのであまりダメージ減少のペナルティを受けない。そう言ったキャラを使ってる人は、しっかりホールドからのコンボを練習しよう。リターンが大きい。


今回の解説はここまでにします。次回は確定でダウン投げが入る場面などをピックアップしたり、書ききれなかった事があれば書いていきます。

DOA6ランクマ10日目

こんばんは。

f:id:gou-1031:20190608012053j:plain

f:id:gou-1031:20190608012105j:plain

目標のU-行けました。自分が発売日に買わなかったのと、最初にロビマ無かった影響で大体のプレイヤーが適正ランクに行ってたお陰で、早く上がれましたね。


ティナの解説を書いて、自分の書いたことはできるように実践してきたつもりです。一応それなりのランクに到達したと考えて、しばらくランクマは卒業します。


今後はフレンド限定ロビマでマイペースにやっていくつもりです。youtubeで配信したりもしてるんで、対戦したい方は声をかけて下さい。フレンド限定なのはマナーの悪い人や無線の方が入らないためのルールなんでご了承を。連絡頂ければ腕に関係無く対戦します。

PSID:gou-1031

youtube:https://m.youtube.com/channel/UC6nkxrBHT6Yckaw3aQLnCiw

マナーや礼儀の悪い人は全部拒否しますんで、それだけ気をつけて下さいね。それでも対戦したい方をお待ちしています。

野球脳の足りなさにガッカリ

こんばんは。
横浜-オリックス戦を観てたんですけど、ガッカリするようなプレイが出たのでテレビを消しました。

6回の表に1番神里が無死からもぎ取った四球。宮崎ソト筒香と続く状況であっさり牽制死しました。相手の牽制がどんなに上手かろうが、100%アウトになってはいけない場面でこのプレイ。
3点ビハインドの終盤に差し掛かっている状況であれば、当然ランナーを溜める場面。

同点や1点差なら、まだわかります。
ですが、3点差で無理をする必要なんか全く無い。2000年代以降の横浜は、いわゆる野球脳が致命的にお粗末なチームですが、相変わらずこういうプレイを見せられてゲンナリしています。

2〜3年前に、似たような事がありました。
9回裏に2〜3点差で負けている場面。代打荒波が1死から長打を放ちます。2ベースで十分の場面、何を思ったか荒波は3塁を欲張りタッチアウト。2死ランナー無しから当然試合は負け。負けた事についてはしょうがない。
だけど、あの場面で無理をする必要がどこにあったのか。ランナーを溜める場面と、賭けに出る場面を全く理解していない。
荒波は優れた身体能力を持っていましたが、結局大成せずに横浜を去りました。怪我もありましたが、こういう野球脳も全く足りていなかった。あんな馬鹿なアウトになるくらいなら、打たない方がマシとさえ言えます。

今回の神里のプレイは、野球脳の悪さで言えば似たようなものです。神里もまた脚と言う武器を持ち、打撃もパンチ力がある。
ですが、こんなプレイをしていればチームは上には行けないし、高い評価を得るのは無理があります。シーズンは140試合以上もある。順位に繋がるのはこういうプレイの積み重ねなんですよね。

ラミレス監督以下が今回のプレイをどう感じたか知りませんけど、強いチームは絶対こんな事はしません。その場その時に必要なプレイをよく理解しているからです。きちんと修正して欲しいけど、もう不治の病なのかな…

今日の試合、最後には勝つかもしれないし、まだ勝敗はわからない。けど、仮に勝ってもこんなプレイをしているようでは今年もAクラスすら無理でしょうね。